ASTON MARTIN HAKKO - アストンマーティン大阪八光、アストンマーティン名古屋八光

PERFORMANCE

WE STARTED WITH AN ICON―

「アストンマーティンの歴史においてアイコンの一つとなっているモデルのデザインをどのように改善するか」 これまで愛されてきたDB9のデザインを全く新しいものに進化させることは、アストンマーティンにとってもデザイナーにとっても難しい挑戦でした。改めて基本原則に立ち返り、スケッチやモデリングを通して新しいDB9のデザインをすすめました。これまでで最もエレガントに仕上がったデザイナーのスケッチに、可能な限り近いデザインでつくりあげるためボディパネルの70%以上を刷新。エンジニアは期待に応えるべく、その生産を可能としました。
時間を超越する優雅さ。2003年に登場した当時のDB9のデザインは現在でも賞賛され続けています。しかし、9年に及ぶ開発で誕生した最先端のVHアーキテクチャ構造により、さらに美しいDB9をデザインすることに成功し、それは今後新しいアイコンとして皆様に愛されることでしょう。

PERFECTLY PROPORTIONED―

DB9のフォームは、優雅さとボディバランスの完璧な調和のために設計されました。
それは、シンプルで美しいデザインと重量の「黄金比率」が物語っています。
また、エレガントなデザインだけでは十分ではなく、空気力学的な意味でも見事なエクステリアラインに仕上げました。
はっきりと立ち上がったブートフラップ、新しいデザインのボンネットは、気流がこれまでに比べて、より滑らかに流れることを意味します。

DEFINED BY DETAIL―

美しいプロポーションは内装にもあらわれます。手縫いでほどこされるステッチ、ブリッジオブウィアー製の最高級かつ最もしなやかな本革、これらはそれぞれのカラーや種類によって数千の組み合わせが可能で、まさにお客様だけの特注のDB9が手に入ります。
特にステッチにおいては「レーストラックのコーナー」にインスパイアされた縫い目が特徴です。より強い印象を与えるため内装全体には10ゲージの糸を使用し、細かい部分には20ゲージの糸を使用しています。
また、新しいDB9はピンストライプウェルトが内装における最も大きな特徴です。接合箇所が表面にあらわれないよう各ウェルト部分は連続したレザーで加工されます。ときには2メートルに及ぶ場合もあり、それらは熟練の職人によって手縫いで仕上げられます。

PAGE TOP

  • VEW ALL CARS - 取り扱い車種一覧
  • NEWS - ニュース
  • BLOG - ブログ
  • APPROVED CARS - 認定中古車
  • SHOWROOM - ショールーム
  • SERVICE CENTRE - サービスセンター
  • COLLECTION - アストンマーティンコレクション
  • MAIL MAGAZINE - メールマガジン
  • CONTACT US - お問い合わせ
  • SITE MAP - サイトマップ
  • RECRUITMENT - 採用情報
  • COMPANY INFORMATION - 会社概要
  • PRIVACY POLICY - プライバシーポリシー